メイク崩れをカバーするファンデーションの塗り方

40代のメイク崩れをカバーするには、ファンデーションの塗り方が大事です。まず厚塗りしないことです。40代になると、どうしても肌を隠そうとして、ファンデーションを厚く塗りすぎる傾向にあります。そうすると肌になじまなかった部分メイクが余計に崩れやすくなります。できるだけ薄く塗るのがポイントになります。そして、気になる部分はコントロールカラーを使うことです。隠したいい部分には、ファンデーションの前にコントロールカラーを塗るとよいです。コンシーラーは、重めのものが多いので、おすすめできません。40代の年齢肌の悩みをカバーするには、厚ぼったくなりすぎるので、コントロールカラーの方が良いのです。肌全体を自然にカバーして明るい素肌に導いてくれるので、厚塗りを防ぐと共に、化粧崩れしにくくしてくれます。40代の肌におすすめの色は、イエローとオレンジで、全体的にどよんとしたくすみをカバーし、クマや目元のたるみの影色を消してくれます。40代のメイク崩れをカバーしたいなら、フェイスラインをぼかすことも大事です。ファンデーションを塗る際、あごから首筋にかけてのフェイスラインまでをパフで軽く滑らせてなじませるとよく、これで顔だけ浮いて見えるのを防ぐことができます。

 

メイク落としランキング


更新履歴